展示のご案内

長野県立歴史館HOME » 展示のご案内

常設展のご案内

太字は新テーマです

  原始 古代 中世 近世 近現代
4月 米づくりのムラ 古代の印と文字の世界
富裕農民の世界
木曽義仲と荘園
中世の善光寺と祈り
東アジアと信濃
城と城下町
(松本城下町)
庶民の旅
物見遊山
長野県の誕生
お蚕さま
信州白樺派
長野県の高度経済成長
5月       豪農の世界(婚礼)  
6月          
7月       豪農の世界
(三三九度)
 
8月          
9月   条里と水田      
10月 定住のはじまり 都のなかの信濃
村の信仰
大塔合戦から川中島合戦へ
村の生活とまつり
城と城下町(化粧道具)
職人の世界(職人尽図)
村の鍛冶屋
長野県の誕生と分県移庁
世界につながる蚕糸業
人権拡張運動
経済の復興と庶民のくらし
11月       豪農の世界(調度品) 打撃を受けた
県民のくらしと満州移民
12月          
1月          
2月     合戦図と武士の世界 職人の世界(お抱え絵師)  
3月          

開館時間

午前9時~午後5時(ただし、入館は午後4時30分まで)

休館日

  • 毎週月曜日(祝日、振替休日にあたるときは火曜日)と祝日の翌日
    ※但し、4月6日、13日、9月22日は開館します。
  • 12月28日から1月3日(年末年始)

観覧料

観覧料 ※(  )は団体20名以上
区分 常設展 企画展 常設展・企画展共通
一般 300円(200円) 300円(200円) 500円(400円)
高・大学生 150円(100円) 150円(100円) 250円(200円)
小・中学生 70円(50円) 70円(50円) 120円(100円)

次に該当する場合は観覧料が無料となります。

  • 小・中・高・特別支援学校生が、土曜日・日曜日・国民の祝日および祝日の振替休日に観覧するとき。
  • 身体障害者手帳などの交付を受けている方と介護の方が観覧するとき。
  • 県内の小・中・高・特別支援学校生などが、平日に学校の教育活動として観覧するとき。社会福祉施設が入所者に対しておこなう行事として観覧するとき。(これらの場合は申請が必要です。申請書類は当館ホームページからも入手できます。)

このページのトップへ