県立歴史館について

長野県立歴史館HOME » 県立歴史館について » イベント情報

イベント情報

  •   開催中  
  •   開催予定  
  •   開催終了  

第2回考古学講座「寒冷地に備える〜縄文時代中・後期、中部高地縄文人の知恵〜」6/2(土)

講座・セミナー

縄文時代中期から後期へ、徐々に急激な寒冷化が起こりました。中部高地の縄文人たちは、気候変動にどのように対処したのでしょうか。遺跡や遺物から考えます。

第2回考古学講座
「寒冷地に備える〜縄文時代中・後期、中部高地縄文人の知恵〜」
【開催日時】2018年6月2日(土)13:30〜15:00
【講 師】当館 専門主事 寺内 隆夫
【場 所】当館講堂
【受講料】要観覧料
【問い合わせ】
     長野県立歴史館 考古資料課 電話026-274-3992

[ 2018-05-12 ]

第2回信州学講座「古墳時代研究からわかる科野の成立」6/9(土)

講座・セミナー

今年度の講座は、「信州学」を共通テーマに長野県の歴史・文化を掘り下げます。新鮮な話を聞く良い機会となりますので、ぜひお出掛けください。

第2回「古墳時代研究からわかる科野の成立」
【期 日】平成30年6月9日(土)
【講 師】西山克己(当館職員)     
【会 場】長野県立歴史館 講堂
【時 間】13時30分〜15時10分(受付は12時30分から)
【費 用】聴講には講座料(常設展示券、300円)が必要。
※年間パスポート会員、ボランティア会員、古文書愛好会の方は、その会員証の提示で聴講できます。
【その他】事前申込みの必要はありません(先着220名)。

[ 2018-05-12 ]

考古学セミナー開催のお知らせ 6/3(日)

講座・セミナー

県立歴史館では、長野県考古学会と共催で、考古学セミナーを開催します。今回は第43回藤森栄一賞受賞者の小菅将夫氏による受賞記念講演と大竹憲昭総合情報課長による研究発表を行いますので、ふるってご参加ください。

考古学セミナー
【日 時】 平成30年6月3日(日)13:30〜15:40
【会 場】 長野県立歴史館 講堂

藤森栄一賞受賞記念講演 13:30〜14:30
【テーマ】 「『岩宿時代』を考える」
【講 師】 小菅将夫氏(群馬県みどり市岩宿博物館長)
研究発表 14:40〜15:40
【テーマ】 「黒耀石産地推定分析から何を読み取るか」
【講 師】 大竹憲昭(当館職員)

【聴講料】常設展示室観覧料300円が必要です。
【問いあわせ】考古資料課 026−274−3992

[ 2018-05-08 ]

第1回信州学講座「歴史館から信州学を考える」5/26(土)

講座・セミナー

今年度の講座は、「信州学」を共通テーマに長野県の歴史・文化を掘り下げます。新鮮な話を聞く良い機会となりますので、ぜひお出掛けください。

第1回「歴史館から信州学を考える」
【期 日】平成30年5月26日(土)
【講 師】笹本正治(当館館長)     
【会 場】長野県立歴史館 講堂
【時 間】13時30分〜15時10分(受付は12時30分から)
【費 用】聴講には講座料(常設展示券、300円)が必要。
※年間パスポート会員、ボランティア会員、古文書愛好会の方は、その会員証の提示で聴講できます。
【その他】事前申込みの必要はありません(先着220名)。

[ 2018-05-08 ]

信州学講座 前期 5/26(土)、6/9(土)、6/23(土)、7/7(土)

講座・セミナー

今年度の講座は、「信州学」を共通テーマに長野県の歴史・文化を掘り下げます。館内で全9回(前期4回・後期5回)、館外で5回、当館各時代の専門研究者や、他機関の学芸員・研究者がお話します。新鮮な話を聞く良い機会となりますので、ぜひお出掛けください。

前期4回のご案内
【期 日】平成30年5月26日〜7月7日  全4回(詳細は下記のとおり)、
※後期は12月〜3月に5回実施予定、その他に館外でも5回実施します       
【会 場】長野県立歴史館 講堂
【時 間】13時30分〜15時10分(受付は12時30分から)
【費 用】聴講には講座料(常設展示券、300円)が必要。
※年間パスポート会員、ボランティア会員、古文書愛好会の方は、その会員証の提示で聴講できます。
【その他】事前申込みの必要はありません(先着220名)。

第1回 5月26日(土) 「歴史館から信州学を考える」 館長 笹本正治
第2回 6月9日(土)  「古墳時代研究からわかる科野の成立」 西山克己(当館職員)
第3回 6月23日(土) 「室町時代諏訪信仰を広げたのは誰だ」 村石正行(当館職員)
第4回 7月7日(土)  「拾ヶ堰−近世安曇平における用水路の到達点」 逸見大吾氏(安曇野市教育委員会)

信州学講座 前期 5/26(土)、6/9(土)、6/23(土)、7/7(土)
[ 2018-04-19 ]

歴史好きの大学生・高校生 集まれ! −ティーンズ古文書講座を開講します− 

講座・セミナー

歴史好きの大学生・高校生 集まれ! −ティーンズ古文書講座を開講します− 

期 日:平成30年8月7日(火)〜8月10日(金)
時 間:9:30〜12:00
場 所:長野県立歴史館 千曲市屋代260-6
対 象:歴史や古文書に興味がある方
    県内出身または在住している高校生・大学生
受 付:平成30年4月13日(金)〜7月28日(土) ※定員になり次第受付を終了します。
その他:申込方法等の詳細は関連ファイルをご覧ください。

歴史は文字でかかれた文書や遺物など「史料(資料)」によってあきらかになります。とくに「古文書」は文字で記されているために、歴史を具体的に学ぶ大きな武器です。
高校で日本史を学んでいるとき、「信長や秀吉のような有名人の出した手紙を読んでみたい」と思ったことはないでしょうか。あるいは、「五か条の誓文」や「御成敗式目」など、教科書に出てくる史料はどう書かれているかと考えたことはないでしょうか。
歴史館では、「もっと歴史を追究したい」と感じているそんなあなた向けの講座を用意しました。一緒に学んでみませんか?

[ 2018-04-05 ]

古文書講座のご案内

講座・セミナー

古文書講座(通年予約制)の受付が始まりました。申し込み受付は、4月18日(水)午前9時から5月11日(金)午後5時までです。先着順、定員になり次第受付を終了します。詳細は、関連ファイルをご参照ください。

初級B、中級A、中級B講座は定員となりました。

[ 2018-04-05 ]

考古学講座「社会と文化の変化」のお知らせ

講座・セミナー

社会や文化は、不変ではありません。ヒトが活動し続ける限り、いつかは社会や文化に変化は起こります。ただ、どこに、あるいは、なにに視点を置くかによって、変化の描き方には違いが現れます。昨年は、ヒトやモノの交流について考えましたが、今年度は、ヒトの営みが起こす変化について考えてみます。

詳細は以下の通りです。

【場 所】 長野県立歴史館 講堂
【時 間】 13:30〜15:00
【期日・内容・講師】
 5/12(土) 温暖化への適応〜旧石器時代から縄文時代へ〜 当館 総合情報課長  大竹 憲昭

 6/2(土)  寒冷化に備える〜縄文時代中・後期、中部高地縄文人の知恵〜 当館 専門主事  寺内 隆夫

 6/30(土) 石器の消滅〜弥生時代中期から後期への移行について〜 当館 専門主事  町田 勝則

 7/21(土) シナノから科野へ 当館 考古資料課長  西山 克己

【その他】
  ・受講には観覧料が必要です。
  ・事前申込は必要ありません。
【問い合わせ】
   長野県立歴史館 考古資料課 電話026-274-3992

[ 2018-04-03 ]

このページのトップへ