古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

古文書目録名一覧

検索マークのついたものは長野県立歴史館収蔵データで検索できます。検索可能な史資料は漸次更新しますのでご利用ください。

信濃国藩政関係史料

資料No(記号) 全県〔0〕/0-21
説明(解題)県立歴史館が収集した流出史料文書のうち、信濃国藩政関係の分限帳類を藩ごとに整理したものである。
(1)高島藩関係
 平成29年度は高島藩関係分限帳および役人留帳を10冊を収集した。 
 「諏訪家家老用人心得」は天保末期桜田門番役を勤めた江戸詰番士職掌上の詳細な心得を絵入りで記したものである。また江戸藩邸及び国元の定め事(定格)を詳細に記しており、幕末期の高島藩治世の様子が明らかになる。
 幕末期の分限帳は延べ1330名の武士の名前が記されている。宝暦期の名寄せ、慶応3年の名寄せ、年未詳の名寄帳の3冊からなる。当館には県内各藩にかかわる大名家史料は皆無である。
・「諏訪家家老用人心得」1冊 
・「御出定格」1冊
・「東都毎日・日用・年中定格」1冊
・「東都御式帳」1冊
・「上州通御帰城並三千石御分知村々御巡見之節御道中日記」1冊
・「国元毎日・日用・年中定格」1冊
・「下乗被仰付並達之事」1冊
・「高島藩分限帳」3冊
(2)上田藩関係
 平成30年度は幕末上田藩主松平忠優(忠固)関係史料を収集した。忠優が大坂城代を勤めた弘化年 間に上田藩家臣某により筆写された大坂城代勤役関係の先例・職制を丁寧にまとめた写本である。
 2-1 内題「先々御城代諸事留書」と記されており、享保3~宝暦6年頃までの歴代城代の諸事     留書である。
2-2 「歴代乾坤帳」と呼ばれる各大名の勤仕控を参考にした上田藩公用人の留書。
 2-3 宝暦10年下総国古河藩主松平康福の代の拝命・退任までの書札を写す。
 2-4 内題「諸書抜 篠山」とあり、享和年間から文化年間までの城中諸儀礼等を書き留める。
(3)松本藩関係
平成31年度は松本藩水野家関係史料を収集した。内容は信濃国松本藩7万石城主で、享保8(1523)年に家督を継いだ水野忠恒の時代の分限帳で、その年紀は享保10年となっている。なお忠恒はこの年に祝言を挙げているが同年江戸城で刃傷沙汰を起こし蟄居・廃嫡となる。松本藩水野家は佐久郡高野知行所7000石に減封された。変わって入部するのは戸田光慈で、6万石であった。
 本書は享保10年時代の水野家家臣団の分限帳を安永ごろの書写されたものと思われる。表題は「水野隼人正家中分限帳」である。分限帳は、武家の禄高、役職を記した家中のランキング表であり、身分格式の別が記された藩政史料の根本である。松本藩水野氏は、元禄6(1693)年に「家中条目」を作成し、身分序列・階層秩序の維持が厳格化された。各冊60丁程度にそれぞれおよそ900名以上が記されている。なお水野氏関係史料は早稲田大学図書館に収蔵されていることを付言しておく。
 

このページのトップへ