古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

古文書目録名一覧

検索マークのついたものは長野県立歴史館収蔵データで検索できます。検索可能な史資料は漸次更新しますのでご利用ください。

松代藩士関山家文書

資料No(記号) 更埴〔7〕/7-30
巻(資料点数)13
説明(解題) 松代藩士の関山家に伝わった文書で、1,514点のうち、文書の写しや書籍などを除くと、判明する年代が寛永17年(1640)から大正13年(1924)に及ぶ近世から近代にわたる文書群。長野県立歴史館が平成18年(2006)に購入した史料。
 関山家は目付などをつとめ、知行目録によれば高100石であった。明治以降は教員となったようである。本史料には知行目録のほか藩からの命令を伝える書付、様ざまな手控え、書状などが含まれる。とくに幕末から明治初めの文書が多くみられ、当該時期の松代藩の諸事情、詳細をうかがうことができる。明治以降は手控えなど私的なものが主となる。

このページのトップへ