古文書目録名一覧歴史館の書籍・史資料をお探しの方

古文書目録名一覧

検索マークのついたものは長野県立歴史館収蔵データで検索できます。検索可能な史資料は漸次更新しますのでご利用ください。

高井郡赤岩村湯本家文書

資料No(記号) 高井〔8〕/8-20
説明(解題) 本目録に収録した標記文書は、2017(平成29)年度に上條信彦氏より寄託を受けた収集史資料群のうちの一部である。高井郡赤岩村(現中野市)村役の湯本政之助・忠左衛門関係文書を収めた。赤岩村は明治維新で伊那県、1870(明治3)年中野県を経て長野県に属した。明治9年には合併して科野村となった。
 赤岩村は現在の中野市北部高社山麓に広がる村名である。はじめ森忠政領、1621(元和2)年には旗本領となり、福島正則領、天領、飯山領、天領など支配関係を転変としながら、1724(享保9)年に天領となった。「信濃国高井郡赤岩村地頭録」にも領主の変遷がまとめられている(8-20-17)。高社山は中世は山岳修験の山で神宮寺を中心に信仰が広がったが江戸時代は神宮寺跡に谷厳寺が移転している。また延喜式内社の論社「高社神社」は地域の産土神として親しまれ、本史料群にも遙拝所建立に関する諸帳簿が含まれている。
 当該史料で特徴的なものは、第一に隣村夜間瀬村との山林相論関係文書(8-20-61)、元禄期の検地帳(8-20-27)など近世農村社会の一端をうかがえる貴重な史料も含まれていることもさることながら、科野村役場時代に湯本忠右衛門が職員(筆生)となったことから、役場文書の一部が残っていることであろうか。また地域の学校孝道学校建設に関する史料もある
 なお赤岩村については湯本達保『たかやしろ山麓・若岩村の歴史』(ほおずき書房、2007年)が詳しい。

このページのトップへ