企画展のご案内

平成30年度秋季企画展

最古の信州ブランド黒曜石-先史社会の石材獲得と流通-

開催期間:平成30年9月15日(土)~11月25日(日)

 諏訪湖の北側、和田峠から霧ヶ峰には、「星糞峠」、「星ケ塔山」、「星ヶ台」といった「星」がついた地名があり、そこには、黒曜石のかけらが地表一面にひろがっている。その正体は黒曜石です。火山の多い日本列島は世界でも有数の黒曜石原産地帯で、国内には100か所以上の産出地がありますが、長野県の霧ヶ峰から八ヶ岳にかけての「信州黒曜石原産地」は本州最大規模を誇り、日本を代表する黒曜石原産地のひとつです。
 文化の十字路信州では、旧石器時代より黒曜石を求めて人びとは集い、やがては縄文王国といわれるほどの繁栄を遂げました。その繁栄には黒曜石の存在が欠かせませんでした。「信州黒曜石文化はすごい!」日本の中の信州文化について黒曜石を通じて描き出します。
 本年5月、「星降る中部高地縄文世界-数千年を遡る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅-」が日本遺産として認定されました。日本遺産の紹介や縄文鉱山をはじめ構成文化財も展示します。

国史跡・星糞峠黒曜石原産地遺跡の黒曜石原石
国史跡・星糞峠黒曜石原産地遺跡の黒曜石原石


主な展示遺跡

・国史跡星ヶ塔黒曜石原産地遺跡
・長和町鷹山第Ⅰ遺跡
・信濃町貫ノ木遺跡
・国史跡星糞峠黒曜石原産地遺跡
・岡谷市大洞遺跡
・北海道遠軽町幌加沢遺跡(道指定文化財)
・国史跡長崎県泉福寺洞穴遺跡 など

講演会

9月22日(土) 13:30~15:00
講師:浅間縄文ミュージアム館長 堤 隆  氏
演題:「黒曜石が語る列島の細石器文化」

イベント

10月20日(土)
ワークショップ「英国フリントの石器作り」
国際交流子どもサミット「歴史遺産の未来を考える」

国際シンポジウム

10月21日(日) 13:00~15:30
講師:ピーター・トッピング博士(イングリッシュへテイジ)
演題:「先史時代における採掘活動の社会的背景」
シンポジウム:「地球資源の開発と社会」
 パネラー ピーター・トッピング博士
      サイモン・ケイナー セインズベリー日本芸術研究所長
      小野 昭 首都大学名誉教授
      矢島國雄 明治大学教授
      堤 隆 浅間縄文ミュージアム館長
      宮坂 清 下諏訪町博物館長

コンサート・トークショー

11月3日(土・祝)13:00~(予定)
テーマ:「黒曜石の世界」
出演:シンガーソングライター 葦木ヒロカ 氏 ほか

ギャラリートーク

9月29日(土)、10月27日(土)、11月23日(金・祝)

企画展一覧に戻る



このページのトップへ