歴史館ブログ-歴史館ブログ

長野県立歴史館HOME » 県立歴史館について » 歴史館ブログ

2019年の投稿

全4件中、1件〜4件を表示しています。

1

屋代南高校 切り絵カレンダー展示してます!

お知らせ

今年も屋代南高校美術部のみなさんが、切り絵カレンダーを制作してくれました。

長野県内各地の風景が素敵な切り絵となり、2019年のカレンダーを飾っています。どの作品も細かいところまで制作してあり、見ごたえある作品ばかりです。作品は2階廊下にて展示しています。

屋代南高校美術部のみなさんの力作をぜひご覧ください。
お待ちしています。

屋代南高校 切り絵カレンダー展示してます!
[ 2019-01-16 ]

古代の人々と猪との関係

お知らせ

 常設展示室で昨年から展示している屋代遺跡群の15号「国符木簡」(複製)。奈良時代のはじめ、信濃国の国司から更科郡などの郡司に宛てて重要な命令を出すために使われたものです。
 よく見ていただくと、裏面に「宍人(ししひと)ア(べ)」(アは「部」の略字)の文字が見えます。「宍人ア」とは、今年の干支の猪や鹿、鳥などの調理を職業とする人々(部民)と深く関係する姓です。『日本書紀』の雄略天皇2年10月条には狩の鳥獣を調理するために「宍人」を置いたという記載もあります。奈良時代の屋代木簡にはこの他13号木簡(写真上)、59号木簡にも「宍人ア」・「宍ア」の文字がみられます。このことから屋代遺跡群付近にこのような姓をもつ人々がいたことがわかります。縄文人の好きな猪は、奈良時代の食卓をも賑わせていたのでしょう。

古代の人々と猪との関係
常設展示室展示風景
古代の人々と猪との関係
屋代木簡13号(屋代遺跡群出土)
[ 2019-01-11 ]

自然を見つめた田淵行男展 オリジナルマグネット 好評発売中!

お知らせ

当館では、冬季展「自然を見つめた田淵行男」を2月17日(日)まで開催しております。写真家 田淵行男の目を通して安曇野の景観がどのように変わったのか、写真や「写牒」(水彩画)から見ていきます。ぜひお越しください。
冬季展に合わせ、当館のミュージアムショップでは、オリジナルマグネットを制作し、1つ100円で販売しております。また、田淵行男関連コーナーを期間限定で設置し、作品集やポストカードなども販売しています。当館にお越しの際はぜひお買い求めください。

自然を見つめた田淵行男展 オリジナルマグネット 好評発売中!
冬季展オリジナルマグネット(各100円)
自然を見つめた田淵行男展 オリジナルマグネット 好評発売中!
田淵行男関連コーナー
[ 2019-01-05 ]

あけましておめでとうございます。新年は1月4日(金)より開館いたします。

お知らせ

あけましておめでとうございます。本年もみなさまにとってよい年になりますようお祈り申し上げます。また、引き続き長野県立歴史館のご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

新年は1月4日(金)より開館いたします。みなさまのお越しをお待ちしております。

あけましておめでとうございます。新年は1月4日(金)より開館いたします。
[ 2019-01-01 ]
1

このページのトップへ