所蔵品展の後期が始まりました!

企画展

 現在開催中の「長野県立歴史館所蔵品展」ですが、5月1日(土曜日)から後期の展示が始まりました。展示物の入れ替えを行い、前期とはまた違った雰囲気となっています。

 新たな展示物として、平安時代末期の信濃を代表する武将「木曽義仲」の様子を描いた『木曽義仲合戦図屏風』や、武田信玄と上杉謙信が川中島を舞台に戦った様子を描いた『川中島合戦図屏風』、昭和初期の長野県の温泉地と名勝地を空から見下ろしたように描いた『長野県之温泉と名勝』など、長野県の魅力に迫る一品が展示されています。

 後期の開催期間は、5月1日(土曜日)から6月13日(日曜日)までとなっております。近くにおいでの際はぜひ歴史館にお立ち寄りください。

お知らせ

ページ先頭へ戻る