昔の人が残してくれた色々なものを資料とか「遺物」っていうんだけど、「遺物」はとても大切なものなんだ。歴史館はそういう大切な「遺物」を集めたり、集めた「遺物」を未来の人に伝えるために保存したり、「遺物」から当時の様子を調べたり、遺物をみんなに見て、ふれて(さわって)、体感してもらうために、平成6年11月3日に建設されたんだよ。歴史館の中には大きく分けて3つのグループがあって、いろいろな人たちが毎日働いているんだ。

総合情報課

 総合情報課は、歴史館で保存している遺物や文化財を展示してみんなに見てもらうために、色々なことを工夫したり、考えたりしているんだよ。いつもみんなに見てもらえる展示を常設展示っていうんだけど、常設展示は「信濃の風土と人びとのくらし」がテーマになっていて、1000年以上昔の、ながのの人から、キミたちのおじいちゃんやおばあちゃんの時代のながのの人の暮らしまでをわかりやすく展示しているんだ。
 それ以外にもオープニングやエンディングのコーナーを設け、またマルチメディアやマジックビジョンという機械や映像などで、みんなにもっともっと歴史を深く知ってもらえるように工夫しているんだ。
 歴史館のそとにも、「縄文の森」「万葉の野」「中世の林」などなど、植物を中心とした展示があるよ。

考古資料課

 考古資料課は、遺物や文化財を集めたり・整理したり・保存したりしているよ。
 長野県内で高速道や新幹線などを建設する時には、たくさん地面を掘るよね。こういう時、工事と同時に、発掘調査をすると、たくさんの土器や、石器(石でできた道具など)木器(木でできた道具など)・金属器(金属でできた道具など)などの遺物が発掘できるんだ。こうやって発掘した土器たちを、遺物整理室で整理するんだよ。さらに木器は木器処理室などで、金属器は保存修復室などで、腐ったり、さびたりしないように処理して、みんなに見てもらうまで大切に遺物収蔵庫にというところにしまっておくんだ。
 遺物は、とても古くて貴重なもので、中にはとても壊れやすいものだってあるから、取扱いにはとても気をつかうんだよ。だから、歴史館では工業用X線分析装置・走査型電子顕微鏡・蛍光X線分析装置っていう、最先端の科学機器や保存処理装置を使って、科学的な分析や保存処理をすすめているんだ。

文献史料課

 文献史料課は、主に昔の「本」や「手紙」「書類」などを集めたり、整理したり、いたんだ本を直したりして、みんなに見てもらいやすいように保存をしてるんだ。ひとことで昔の本っていってもたくさんの種類があるんだけど、歴史館には「長野県に関係する昔の文書」「長野県などの政治に使われた文書」などがあるんだよ。こういう昔の貴重な本を購入したり、役所や長野県内外のみなさんからゆずってもらったりして、この先もずっとずっとみんなに見てもらえるように、古文書書庫という場所と行政文書書庫という場所に保存しているんだ。




歴史館には、みんながいつ来ても見たり体感したりできる「常設展示」と、期間を決めてでしか見ることができない「企画展示」の2種類があるんだ。「企画展示」で何が見れるかはイベント・お知らせのページをチェックしてね。
ここでは主な収蔵資料を紹介していくよ。展示しているかどうかは事前に確認してね。
歴史館の中や外にある、ちょっと面白そうなものを紹介するよ。
定期的に内容は増えていくのでこまめに見てみてね。