「地酒王国 信州」
2020年度夏季企画展

酒樽(長野県酒造組合蔵)
酒樽(長野県酒造組合蔵)

開催概要

 米作りをしてきた日本人にとって、米を原料とする酒(日本酒)は、現代でも冠婚葬祭や日常生活に欠かせないものであり、各地の酒蔵で酒造りが行われてきました。
 現在、長野県には80の酒蔵があり、これは新潟県の89に次いで国内第2位の数です。酒蔵は県内各地にあり、自然を生かした個性あふれる酒が造られ、幾多の試練を乗り越えて今の「地酒王国」に至っています。この地酒王国信州はどのように誕生したのでしょう。(1)酒蔵が数多く誕生した米社会の江戸時代、(2)明治から続く幾多の試練、(3)研修を積んで銘醸地入りした昭和、(4)名を広め、現代日本を個性化で生き抜く酒蔵、この4章から地酒王国の歴史をたどります。地酒王国を支える信州の水や酒米の内容についても展示します。

※イベント等につきましては、今後の状況により、中止または人数制限等行う場合がございます。詳しくは当館ホームページをご確認いただくか、総合情報課(026-274-3991)までお問い合わせください。

詳細
開催期間 2020年7月11日(土曜日)~8月23日(日曜日)
トークセッション

〔テーマ〕「地酒王国-信州の地域性、自然、未来-」
〔日時〕 8月8日(土)13:30~15:00
〔コーディネーター〕笹本正治(当館館長)
〔パネラー〕薄井智哥子 氏(大雪渓酒造代表取締役)、若林真実 氏(若林酒造杜氏)、由井志織 氏(長野県酒造組合PR大使)畔上不二男(当館専門主事)
〔その他〕
定員80名、事前予約制
※申込方法等は後日お知らせします。

講演会

〔テーマ〕「信州の酒文化と歴史・雑学」
〔期日〕8月22日(土)13:30~15:00
〔講師〕相澤節子 氏(県原産地呼称管理委員会 日本酒・焼酎委員会相談役)
〔その他〕
定員80名、事前予約制
※申込方法等は後日お知らせします。

イベント

〔テーマ〕「発酵の学校」
〔期日〕8月2日(日)13:30~15:00
〔内容〕発酵のおはなし会 13:30~14:00 ・ 発酵の教室 10:00~/11:00~/13:00~/14:00~

ページ先頭へ戻る