信濃武士と百姓のくらし

 「武士の騒乱と信濃」「鎌倉時代の善光寺門前」「交通と流通」の3つのテーマから構成されています。木曽義仲からはじまる源平騒乱、守護小笠原氏を追い出した大塔(おおとう)合戦、武田信玄と上杉謙信の一騎打ちで有名な川中島合戦など、中世は戦いの時代でした。そのようななかで、中世の人びとは救いを神や仏に求めました。鎌倉時代の善光寺の門前を実物大の模型で再現し、門前に集う人びとの暮らしぶりや想いに浸ることができます。

中世エリアマップ

パノラマアイコン1 パノラマアイコン2

主な展示物

  • 撮影スポットアイコン撮影スポット
  • 体験アイコン体験
  • 音声ガイドアイコン音声ガイド
  • 善光寺の門前の写真撮影スポット音声ガイド

    善光寺の門前

     鎌倉時代の善光寺の門前です。善光寺の一光三尊仏は三国伝来の如来として信じられ、極楽往生を願う人々の信仰を集めました。門前では定期市も開かれ、大変にぎわいました。仏像を彫っている仏師の小屋ものぞいて見てください。

    音声ガイダンスを聞く

  • 寺庵の写真体験

    寺庵

     寺庵は僧侶の住まいです。どんなものがあるか、くつをぬいで上がってみてください。
     縁の下を見ると何かありますよ。

  • 木曽義仲と荘園の写真

    木曽義仲と荘園

     清和源氏の血を引く木曽義仲は、木曽で反平氏の兵を挙げ、信濃から平氏の拠点であった北陸を進みました。連勝を重ね、ついには平氏を京の都から追い出し「旭将軍」と呼ばれるようになりました。
     一方、鎌倉にいた源頼朝は弟の範頼・義経を代官として、義仲の勢いを抑えようとしました。
     こうした義仲や義経らの活躍が、後世になって屏風や浮世絵に描かれました。それらを毎月交代で展示しています。

  • 銭一貫の写真体験

    銭一貫

     中世の日本では銭は鋳造せず、日宋・日明貿易などで銅銭が大量に輸入され、広く国内に流通しました。1貫というのは銭1,000文です。ここでは、一貫文の重さを手にとって体験することができます。

  • 常設展示 解説シート

    歴史館まなび隊2のイメージ画像

    歴史館まなび隊 2
    鎌倉時代の善光寺

     ここでは、今から700年~800年ほど前の鎌倉時代善光寺のようすを再現しています。
     鎌倉時代のようすを描いた『一遍聖絵』という絵巻物をみると、当時の善光寺に集まる人びとのようすが描かれています。これを参考に再現したのがこの展示コーナーです。

    PDFダウンロード

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

ページ先頭へ戻る