世界につながる県民のくらし

 「蚕糸王国長野県」「信州の民権と大正デモクラシー」「昭和恐慌と満州移民」「地域とくらしの変化」の4つのテーマから構成されます。明治~昭和初期に長野県の重要な産業となった養蚕業。近代の製糸場である、松代にあった六工社の復元模型を展示し、「蚕糸王国」のようすを紹介します。また、自由民権運動を長野県民は全国に先がけてくり広げ、大正デモクラシーの時代にも人権を尊重する運動を展開しました。時代の先を歩んだ長野県を解説いたします。

近現代エリアマップ

パノラマアイコン1 パノラマアイコン2

主な展示物

  • 撮影スポットアイコン撮影スポット
  • 体験アイコン体験
  • 音声ガイドアイコン音声ガイド
  • 片倉組事務所外観の写真撮影スポット音声ガイド

    片倉組事務所外観

     復原された建物は1910年に建てられた片倉組の事務所です。外壁はこの頃流行していた煉瓦色のタイルを貼ったものです。長野県を代表する製糸会社の片倉組は製糸結社をつくり、飛躍的な発展をとげ、1920年時点で1府23県と朝鮮に工場を進出させています。立派な事務所の横で写真撮影はいかがでしょうか。

    音声ガイダンスを聞く

  • 繭の写真体験

     乾燥をさせた繭です。手にとって、重さ(軽さ)を体験してみてください。また、繭の中には蚕のサナギが入っているので、ふるとカラカラと音がしますよ。

  • 六工製糸場の写真撮影スポット

    六工製糸場

     六工製糸場は、現在世界遺産となっている群馬県の富岡製糸場をモデルにして創設したフランス式の民間製糸場です。富岡製糸場で学んだ士族の娘横田(和田)英らが、糸繰りの指導にあたりました。

  • 大正の教室の写真撮影スポット体験

    大正の教室

     明治時代に建てられた学校の教室です。山本鼎の指導により長野県ではいちはやく児童中心主義の美術教育が取り入れられました。教室壁面には、子どもたちが感動したものを素直に表現した「自由画」が掲示されています。

  • 満蒙開拓更級郷スケッチの写真

    満蒙開拓更級郷スケッチ

     更級農業拓殖学校(現更級農業高等学校)の生徒を引率し、満州更級郷へ勤労奉仕にいった故丸田恒雄氏が描いたスケッチです。開拓村の風景や建物、動植物等が生き生きと描かれ、当時の生活の様子が想像できます。
     ※「満州更級郷の日輪兵舎」

  • 昭和のおもちゃの写真体験

    昭和のおもちゃ

     子どもたちはいつの時代も遊びの天才。メンコにお手玉、紙風船等、昭和の子どもになったつもりで、遊んでみましょう。

  • 進化する洗濯機の写真

    進化する洗濯機

     昭和20年代半ば、国内でも電機洗濯機が販売され、家事労働の軽減が進みます。ただ、昭和30年代までは電気洗濯機が非常に高価だったため、手回しの手動洗濯機も販売されていたようです。心温まるなつかしい製品に会いにきませんか。

  • 時計(諏訪精工社)の写真

    時計(諏訪精工社)

     製糸業がさかんだった諏訪地域はその技術や生産システムを活かして、精密機械工業の一大拠点となります。時計産業では、後のセイコーエプソンとなる諏訪精工社が「グランドセイコー」や「セイコークォーツ」などのヒット商品を生み出しました。レトロでお洒落な時計コレクションをご覧ください。

  • 養蚕神の写真

    養蚕神

     養蚕は農家の貴重な収入源となりましたが、蚕が病気になったり、ネズミに食べられたり、さらにはえさとなる桑が霜の被害を受けるなど様々な環境等により生糸の収穫量に大きな差が出ました。そこで、農家では、蚕を「オカイコサマ」と呼び、養蚕神を信仰し、養蚕の無事と豊作を祈りました。

  • 常設展示 解説シート

    歴史館まなび隊4のイメージ画像

    歴史館まなび隊 4
    片倉組(日本を代表する製糸会社)事務所の外観

     1878年(明治11年)、のちの片倉製糸紡績株式会社のもとになる、垣外製糸場が片倉兼太郎によってつくられました。その片倉組の事務所一階の外観を復原しています。

    PDFダウンロード

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

ページ先頭へ戻る