歴史的資料収集の流れ

歴史公文書として収集し閲覧に供するための過程

 長野県職員がその職務を遂行する過程で作成する記録のことを現用文書といいます。この現用文書には保存期間があり、満了すると不用文書目録上に掲載されます。この目録を基に、現用文書の事前選別(目録選別あるいは現物選別)を行い、歴史的資料(歴史を後代に伝えるために重要な意味を持つ資料)として保存することが適当と認められた文書について、長野県教育委員会 文化財・生涯学習課長へ引き渡され、長野県立歴史館が保管することになります。

 移管された文書類は燻蒸処理を経て、整理保存作業を行います。歴史的資料とし登録し書庫に配架します。その後、公開条例や個人保護条例等に基づき非公開判定会議を開催し、公開・非公開(閲覧制限が付加)が決定し、目録開示されます。制約が切れた歴史公文書は、閲覧に供することになります。

流れ図

歴史的資料収集の流れ図

県立歴史館とは

公文書館機能

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

ページ先頭へ戻る