過去の企画展

年度はプルダウンメニューで切り替えてください。

「地酒王国 信州」
2020年度夏季企画展

酒樽(長野県酒造組合蔵)
酒樽(長野県酒造組合蔵)
期間:
2020年7月11日(土曜日)~8月23日(日曜日)
概要:

 米作りをしてきた日本人にとって、米を原料とする酒(日本酒)は、現代でも神事や冠婚葬祭、日常生活に欠かせないものであり、各地の酒蔵で酒造りが行われてきました。  現在、長野県には80の酒蔵があり、これは新潟県の89に次いで国内第2位の数です。酒蔵は県内各地にあり、自然を生かした個性あふれる酒が造られ、幾多の試練を乗り越えて今の「地酒王国」に至っています。この地酒王国信州はどのように誕生したのでしょう。(1)酒蔵が数多く誕生した米社会の江戸時代、(2)明治から続く幾多の試練、(3)研修を積んで銘醸地入りした昭和、(4)名を広め、現代日本を個性化で生き抜く酒蔵、この4章から地酒王国の歴史をたどります。地酒王国を支える信州の水や酒米の内容についても展示します。

企画展図録「地酒王国 信州」も販売中です。

※イベント等につきましては、今後の状況により、変更になる場合があります。詳しくは当館ホームページをご確認いただくか、総合情報課(026-274-3991)までお問い合わせください。

詳細ページへ

「長野県の考古学」-いのちをつなぐ技と交流-
春季展2020年

期間:
2020年3月25日(水曜日)~6月14日(日曜日)
概要:
 春季展2020年は、環境変化などの影響を受けるなかで、人びとが生きていくための工夫(技)や交流の姿を考古資料から探ります。 縄文時代後・晩期(約4,500~2,500年前)の中部高地では生業活動の変動を語る加工施設や石器、広域な情報網があったことを示す土器や装身具が発見されています。今回の展示では、寒冷化などの影響が生じていた時代のなか、人びとが次の時代へいのちをつなぐために食料獲得・加工の技術を向上させた姿、他地域との結びつきを深めていった交流の姿を探ります。 また、長野県埋蔵文化財センターの調査研究成果、2018年に長野県宝に指定された「信州の特色ある縄文土器」を公開します。石器など食料を獲得し加工するための道具製作にみえる工夫、調理具である縄文土器に込められた願いを紹介します。

詳細ページへ

ページ先頭へ戻る