江戸時代の村と町のくらし

 「領主と町・村」「中馬(ちゅうま)と地場産業」「庶民生活の高まり」「信州文化と民衆意識」の4つのテーマから構成されます。江戸時代には武士や商人・職人は城下町に集められ、農民は農村に住むようになりました。街道が整備され、信濃国でも農民が牛や馬で物資を運ぶ輸送が盛んになりました。信濃各地の産業はこの中馬の活動と結びつき発達しました。展示では江戸前期の中農農家を復原し、江戸時代の農民の生活ぶりを実体験することができます。

近世エリアマップ

パノラマアイコン1 パノラマアイコン2

主な展示物

  • 撮影スポットアイコン撮影スポット
  • 体験アイコン体験
  • 音声ガイドアイコン音声ガイド
  • 正保信濃国絵図の写真撮影スポット体験

    正保信濃国絵図

     国絵図は松代藩真田信之ら信濃の5大名が担当し、1647年(正保4年)に幕府に提出しました。道筋は一里を六寸に縮尺して作成し、縦854センチメートル×横464センチメートルの大きな地図となりました。山や川、村、城、道などが記されています。当時の信濃国の様子を想像してみましょう。
     ※正保信濃国絵図

  • 江戸時代の農家の写真撮影スポット体験音声ガイド

    江戸時代の農家

     300年ほど前の江戸時代に建てられた農家で、大きな茅葺(かやぶ)き屋根が特徴です。上水内郡三水村で実際に使われていた農家を移築しました。土間(どま)に入るとすぐ横に馬屋があり、土間には藁(わら)たたき用の石があります。藁たたきを体験してみましょう。
    ※家屋内のみフラッシュ撮影ができます。

    音声ガイダンスを聞く

  • 蓑、すげ傘、藁靴の写真撮影スポット体験

    蓑(みの)、すげ傘、藁靴(わらぐつ)

     農家では、藁を編んで、生活に必要な道具を作りました。蓑、すげ傘、藁靴は実際に身につけることができます。
     奥の土座にはねこ(わら製のジュータン)が敷いてあります。上がってみましょう。いろり端にも座ってみましょう。

  • 肥桶の写真撮影スポット体験

    肥桶(こえおけ)

     肥桶1つに17キログラムの下肥(しもごえ)が入っています。下肥は畑の肥料として使っていました。担(かつ)いでみてください。

  • 繊維の写真体験

    繊維

     江戸時代後期になると、麻から木綿に衣料の素材が変わってきます。それぞれの繊維の違いを手でさわって確かめてみましょう。

  • 伝佐久間象山の短銃の写真

    伝佐久間象山の短銃

     幕末の日本を代表する洋学の先駆者、佐久間象山が製造したとされる短銃です。外国船が相次いで来航する中、ヨーロッパで発明された技術を取り入れ、作られています。幕末の日本を感じてみてください。

  • 馬頭観世音・道祖神の写真音声ガイド

    馬頭観世音・道祖神

     江戸時代になると街道が整備され、人や物の交流が活発になります。各地で旅人や街道交通の安全が願われ、馬頭観世音・道祖神が作られました。展示中の道祖神は双体道祖神といい、男女の神様が仲むつまじく手を取りあっており、家内安全や子孫繁栄などの願いがこめられていたようです。

    音声ガイダンスを聞く

  • 螺鈿卓の写真

    螺鈿卓

     大庄屋とは、松本藩などが広域支配のために設けた役人で、藩の命令伝達や庄屋の監督などを行いました。展示品は松本藩松川組大庄屋清水家伝来の卓で中央に麒麟や鳳凰を配し、その回りを松竹などで飾っています。実用品というより床の間などに飾り、鑑賞するものであったと考えられます。大庄屋の裕福なくらしぶりがわかります。

  • からくり人形の写真音声ガイド

    からくり人形(茶運び人形)

    江戸時代に考案されたゼンマイ仕掛けの人形。茶席で客の前までお茶を運び、茶碗を取ってもらうと止まり、茶碗を戻してもらうと、ぐるっと回って帰って来る。当時はクジラのひげからゼンマイを作った。この人形は1796(寛政8年)に土佐の技術者、細川半蔵(ほそかわはんぞう)が出版した「機巧図彙(からくりずい)」を参考に製作されたもの。江戸時代の科学技術の一端を知ることができる。

    動画ガイダンスを見る

  • 常設展示 解説シート

    歴史館まなび隊3のイメージ画像

    歴史館まなび隊 3
    江戸時代前期中農農家

     今から300年ほど前に、江戸時代に、上水内郡三水村(現飯綱町) 滝沢家で使われていた農家を移築し展示しています。

    PDFダウンロード

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

ページ先頭へ戻る