2022年所蔵品展「至宝の名品-学芸員のイチオシ 考古資料編-」
大地からのメッセージ

開催概要

 長野県立歴史館では2021年から、当館で所蔵する文化財を分野別に公開する所蔵品展を始めました。当館には、およそ3万箱の考古資料を保管しています。遺跡の発掘調査で出土した石器、土器、金属器、木器などは、昔の人々の生活を物語る貴重な文化財です。今回の所蔵品展では、それら考古資料の中から当館学芸員がイチオシする、飛び切りの逸品をご紹介いたします。


 企画展チラシ(PDF)

詳細
開催期間 2022年3月19日(土曜日)~6月12日(日曜日)
休館日:月曜日(ただし3月21日は開館)・3月22日(火曜日)・5月6日(金曜日)
観覧料

企画展のみ:一般300円(200円) 大学生150円(100円)

企画展+常設展:一般500円(400円)、大学生250円(200円)

常設展のみ:一般300円(200円)、大学生150円(100円)

※高校生以下は無料・( )内は20名以上の団体料金

同時開催

【長野県埋蔵文化財センター速報展「掘るしん2022」】

 長野県埋蔵文化財センターでは、毎年発掘調査や整理作業を行った遺跡の資料を選び公開する速報展を開催しています。今年度は長野市長沼城跡ほか県内の調査で出土した資料を展示します。

※会場は企画展示室横の第2展示室になります。第2展示室は無料で観覧できます。

ページ先頭へ戻る