刊行物のご案内

26件です。  9 - 12件目|12|3|4567

研究紀要

- 2012年3月刊 -
研究紀要18号(完売しました)

口絵 吉田初三郎《長野県之温泉と名勝》

●「依田記」成立の背景と由緒書への転換の可能性について / 山崎会理
●中世的神話世界の形成 諏訪上社大祝と『諏訪大明神絵詞』をめぐって / 青木隆幸
●『信濃史料』『長野県史』と信濃の古代史 / 福島正樹
●吉田初三郎《長野県之温泉と名勝》 / 林 誠
●歴史資料の利用・公開の実施と課題 長野県立歴史館所蔵文書の展示を中心に / 傳田伊史
●発掘調査からみた仁和の洪水 / 原 明芳
●研究活動
価格:完売しました(当館閲覧室でご覧いただけます)/頁数:111頁/サイズ:A4判


 

- 2011年3月刊 -
研究紀要17号

口絵 長野県立歴史館所蔵の陶硯

●木曽のなかの木曽 / 福島正樹
●北島喜助『明治二十七八年之役 征清従軍 戦闘日誌』 / 青木隆幸
●書肆と村びとの蔵書 / 伊藤友久
●信濃出土の古代銭貨の用いられ方とそれが意味すること / 西山克己
●遺構土壌の水洗選別法による屋代遺跡群の縄文中期集落における生業活動の再検討 / 松井章・水沢教子・金原美奈子・金原裕美子
●屋代遺跡群出土土器胎土の検討 / 水沢教子・建石徹
●信濃の陶硯 / 原明芳
●研究活動 
価格:1,000円(送料は当館管理部026-274-2000にお問い合わせ下さい)/頁数:116頁/サイズ:A4判


 

- 2010年3月刊 -
研究紀要第16号

口絵 忠霊塔建設々計図 /原 明芳

●地域史の研究と市河文書の活用(開館15周年夏季展記念講演) /井原今朝男
●治承・寿永の内乱における木曽義仲・信濃武士と地域間ネットワーク /村石正行
●郡村誌・国史編集と長野県の国史編輯掛 /児玉卓文
●軍都松本における慰霊施設の創設−満州事変以降を対象として− /原 明芳
●米善光寺式三尊像における同系像の一系統−善光寺信仰展の調査から− /傳田伊史
●「信濃国十二郡」をめぐって−木曽の描かれた地図− /福島正樹
●屋代遺跡群出土土器における化学分析の試行 /水沢教子
●研究活動
価格:1,000円(送料は当館管理部026-274-2000にお問い合わせ下さい)/サイズ:A4判


 

- 2009年3月刊 -
研究紀要第15号

口絵 観音平経塚出土 古瀬戸四耳壺 /原 明芳

●院政期の信濃に何が起こったか−発掘資料から見える12世紀− /原 明芳
●近世清水家の文書管理−文書袋・文書綴・反故紙からみる清水家文書− /前澤 健
●常夜燈にみる善光寺信仰の坑巻り /黒岩龍也
●彫刻の風景−松本白樺工芸の山付登山人形について− /岸田恵理
●米沢藩今清水文書について−中世文書を中心に− /村石正行
●幻の長野県史編さん /児玉卓文
●篠ノ井遺跡出土土師器の胎土分析 /水沢教子
●長野県立歴史館中長期目標の策定について /福島正樹
価格:1,000円(送料は当館管理部026-274-2000にお問い合わせ下さい)/サイズ:A4判


 
26件です。  9 - 12件目|12|3|4567

このページのトップへ