「稲作とクニの誕生―信州と北部九州―」
2020年度秋季企画展

「銅鐸」 (柳沢遺跡 中野市教育委員会蔵 重要文化財)
「銅鐸」 (柳沢遺跡 中野市教育委員会蔵 重要文化財)

開催概要

 建武中元二年(紀元57年)、倭国(日本)は後漢に朝貢し、「漢委奴国王」の金印紫綬を賜りました。中国を中心とする東アジア世界の一員(外藩)に倭国が組み入れられた証です。漢書地理志によれば、紀元前後、倭国には百余国(数多くのクニ)があり、漢に朝貢していたとされます。やがてクニグニはまとまり、「奴国」を始めとする北部九州の国々が誕生します。大陸伝来の鏡や剣、玉などを副葬した「弥生王墓」は、その証のひとつです。しかし信州にも弥生のクニがあり、国誕生のプロセスはありました。それは緩やかなものであったかもしれませんが、稲作農業の進展とともに、経済の発達、階級社会の熟成が起こっていたと考えられ、考古資料の展示を通して問い直してみます。



※秋季企画展「稲作とクニの誕生」チラシ ダウンロード


※関連イベントの参加には事前申込が必要です。詳しくは「事前申込方法」チラシをご覧ください


詳細
開催期間 2020年9月15日(火曜日)~11月29日(日曜日)
企画展観覧料

一般300円、大学生150円、高校生以下無料

シンポジウム

〔テーマ〕『集落間の連携と「クニ」を考える』
〔日時〕 令和2年11月22日(日曜日)13:30~15:00(受付12:30~)【要事前申込】
〔コーディネーター〕石川 日出志 氏(明治大学文学部教授)
〔発表者〕(県内研究者を予定)

〔場所〕長野県立歴史館 講堂

 ※入館に際して人数の制限、またはイベント等の中止を行う場合があります。

〔聴講料〕常設展示料(一般300円、大学生150円)が必要

〔申込方法等〕事前申込制(先着80名)、次のいずれかの方法でお申し込みください。

(1)受講申込書を当館1階受付提出

(2)受講申込書をFAX(026-274-3996)または郵送にて送付

(3)はがきに必要事項(氏名・電話番号・メールアドレス(ある方)・希望イベント名)を書いて郵送

(4)「ながの電子申請サービス」利用によるインターネット申込

 ・受講申込書のダウンロード

 ・ながの電子サービスによるネット申込

 ※電話での受付はしません。

 ※申込受付は9月15日(火曜日)から開始します。定員になり次第締め切ります。

第3回考古学講座

〔テーマ〕『稲作と社会の変化~共同体の発達を考える~』
〔日時〕 令和2年10月31日(土曜日)13:30~15:00(受付12:30~)【要事前申込】
〔講師〕 町田勝則(当館 考古資料課長)

〔会場〕長野県立歴史館 講堂

 ※入館に際して人数の制限、またはイベント等の中止を行う場合があります。

〔聴講料〕常設展示料(一般300円、大学生150円)が必要

〔申込方法等〕事前申込制(先着80名)

      ※申込方法についてご確認ください。

その他

北部九州の展示品は新型コロナウイルス感染拡大のため、写真パネルによる展示に変更となりました。

ページ先頭へ戻る